バイオ医薬品

バイオ医薬品や抗体医薬品の複雑さに対応するため、当社は常に技術革新を行い、お客様が効率よく作業できるよう努力しています。

  • LC分離と最先端の質量分析システムを組合わせて取得したデータを自動処理するインフォマティックスツールは、アミノ酸配列を可視化して、ルーチンペプチドマッピング分析の一環として翻訳後修飾(PTM)をすばやく簡単に同定、定量できます。
  • ジスルフィド結合マッピング、糖ペプチドプロファイリング、および切出された糖鎖の分析を、ペプチドマッピングと同一のプラットフォームで分析できるため、限られたリソースを効率的に利用できます。
  • 医薬品の探索から上市に至るまでのパイプラインについての有益な情報を得るための特性評価を実施するには、不適切なバイオ医薬品の製造を防止するためのアミノ酸配列変異体解析ツールが不可欠です。
  • バイオ医薬品の同等性を検証するツールは、広範囲な物理化学的分析が必要なバイオシミラーにも適用できます。
  • キャピラリー電気泳動法は、タンパク質の特性評価プロセスで重要な役割を果たし、バイオ医薬品を臨床使用する前に、タンパク質の純度、異質性、および同一性を効率的に判定することができます。
  • SCIEXが提供する自動タンパク質純度評価プラットフォームは、開発中の生物製剤の純度を判定し、製造工程で発現する可能性のある不純物を同定します。