AB SCIEX 御殿山キャンパス
―シグナル伝達経路解明のためのリン酸化タンパク質解析法 ―

日 時

会 場
 

 第1回 - 2014年422)─ 終 了 ─ 

 第2回 - 2014年917)─ 終 了 ─ 

定員
40名
(株)エービーサイエックス本社セミナールーム

新幹線・JR各線・京浜急行線・品川駅(高輪口)より
     無料送迎バス約5分または徒歩10分

※ 無料送迎バス 品川駅から御殿山ガーデン行きバスがございます。
     無料送迎バスのご案内の詳細は、東京マリオットホテル のホームページをご参照ください。

以降 定期開催 ※日程の詳細は後日発表致します。
参加対象 質量分析装置の初心者
タンパク質研究の初心者
質量分析装置を用いたタンパク質研究をさらに発展させたい研究者
主 催 株式会社エービー・サイエックス

 

 

開催にあたって


株式会社エービー・サイエックスは、LC/MS/MS のリーディングカンパニーとして、常に先端的なシステムの開発・ 製造に力を注いでまいりました。 AB SCIEXが提供する御殿山キャンパスでは、質量分析装置とその関連製品からイノベーションを創造して頂くためのヒントを、各回にテーマを設定して定期的 にご提供させていただきます。

今回は、細胞内シグナル伝達を制御する「リン酸化を中心とした翻訳後修飾」を質量分析装置を用いて解析する方法を1日で学ぶことを目標にしております。
本セミナーでは、分子生物学の研究者から質量分析装置を既に使用されている研究者の皆様を対象に、網羅的なネットワーク解析方法から、特定の分子にターゲットを絞った詳細な翻訳後修飾解析の方法についてご紹介いたします。

お忙しい折とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ちしております。
定員がございますので、お早めにお申し込みください。

 

PROGRAM   受付:13:00 -
13:30-15:00  ● 質量分析装置の基礎と生化学的手法と比較したメリット・デメリット

質量分析の種類とその特徴についてご紹介します

 ● 2次元電気泳動ゲルからの切出しとLC-MALDIを用いた解析

リン酸化タンパク質の標準的な前処理方法と分析法をご紹介します

 ● 標的タンパク質の翻訳後修飾部位の選択的検出方法

目的タンパク質を絞り込んだ精細な解析方法をご紹介します

15:15-17:00

   新製品CESI 8000 質量分析装置接続キャピラリー電気泳動システム
シース液無しで高感度・高分離能を実現したCESI-MS/MSシステム

 iTRAQ試薬を用いた網羅的なシグナル伝達経路の解析(iTRAQ+ProteinPilot)
1回の分析で数万種類のリン酸化ペプチドの発現量を比較する方法をご紹介します

  ● 最新のSWATH Acquisitionよる網羅的なリン酸化解析例

従来のデータ取得方法とは異なるSWATHの原理からその活用方法をご紹介します

17:10-17:20   ● 「機器見学ラボツアー 」

希望される方のみご案内いたします(希望されない方は、 17:00終了となります)

*プログラムの内容は若干異なることがあります。


お問い合わせ

株式会社エービー・サイエックス LC/MS/MSセミナー 担当 : マーケティング部
E-mail: Japan.mkt@absciex.com
TEL:0120-318-551    FAX:0120-318-040

Dates OfferedTimeDetails
September 17, 2014